« HDDカーナビのSSD化 (4) 障害 | トップページ | デジタルスピードメータ(回転数) »

2013年4月10日 (水)

デジタルスピードメータ

Bit Trade Oneのデジタルスピードメータ(青)を購入。

マニュアル通に作成。

付属の7セグLED基板だと、スピードは下段・回転数は上段にしたかったので、ユニバーサル基板に移植。

ユニバーサル基板は、ダ○ソーの細LANケーブル(1m)×4本購入。
2本ともLANケーブルコネクタの片側をカットし7セグ(3個)へ半田。(残2本は回転数用)

本体は、ダ○ソーの延長LANコネクタを分解し中の線を半分にカット。
部屋に転がっていたLANケーブルと色順につなげる。
(ケーブル順番を間違えると変な表示)

本体のJ1~J8、J10~J12を、「7セグメントLEDを変更する方法」を参考に半田。

動作確認。かっこい~!

オープニングデモの888をSPdに変更。

変更ソースを公開しますが、C言語は初なので質問されても困ります。
一応、変更箇所は、
//(↓独自追加)
//(↑独自追加)
で囲ってます。

「ver012-s2.lzh」をダウンロード

回転数Verは後ほど...

|

« HDDカーナビのSSD化 (4) 障害 | トップページ | デジタルスピードメータ(回転数) »

Car」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HDDカーナビのSSD化 (4) 障害 | トップページ | デジタルスピードメータ(回転数) »